「チャートを読む」タグアーカイブ

出生ホロスコープを読んでみよう(全体像をとらえる)

ネイタルチャートの読み方

生年月日・生まれた時間・出生地によって出すホロスコープのことを
「出生ホロスコープ/ネイタルチャート/バースチャート」などと呼ぶ。
(ホロスコープの作り方はこちらの記事「ホロスコープを出してみよう」参照のこと)

ネイタルチャートからは、その人の持つ基本的な性格や傾向が読み取れる。
この現世におけるその人の仕様書みたいな感じ。
仕様通りになるかはまた別の話。

基本的には、10個の惑星がどんな風に配置されているかを読み解く
星座中心ではなくあくまでも主役は10個の惑星なのだ。
その惑星たちがどんな性質を帯びているかだったり、
惑星同士のつながりがどうなっているかなどを見て、
その人のもつ物語を読み解いていくという感じ。

ひとつひとつを読み解きながら、全体像をとらえ、
想像力と統合力をもって表現していくのが難しいところであり、
占い師の力量にもなりそうだなぁと感じている。

さて。

たくさん拾っていく情報があるけれど、大枠をとらえるために、
次の4点をチェックするのが王道。

  1. ASC(アセンダント)
  2. MC(ミディウム・コエリ)
  3. 太陽

この4点それぞれのサイン、ハウス、アスペクトを読んでいくよ。
ただし、アセンダントとMCに関しては生まれた時間がわからないと出せないので、
その場合は太陽・月をみましょう。

ちなみに

◆天体とは惑星のこと。説明はこちら
◆サインとは星座のこと。説明はこちら
◆ハウスとはお部屋の番号のこと。説明はこちら
◆アスペクトとは惑星と惑星の間にできる角度のこと。説明はこちら


まずは全体像をとらえる

ホロスコープを出したら、まずは全体像をとらえるところから。
惑星がどんな分布になっているかを見ることで、
そのチャートがどんな傾向をもっているかがざっくりとわかるよ。

1.惑星のばらけ方を見る

ホロスコープを上下にわけたとき、上側と下側どちらに多く惑星があるかをみる。
それによって、人生の中で自分の意識の向き方が何を重視しているかを読み解く。
ただ、この分布も出生時間がわからないことには出せないのでスルーしてください。

  • 上側に惑星が多い場合「他者のいる社会に打ち出す自分が中心」
  • 下側に惑星が多い場合「自分のプライベートな領域が中心」
このホロスコープの場合、上側に6つ、下側に4つなので公的な自分に力点を置いている。

次に左右どちらに多く惑星があるかを見る。
左右を分ける縦線の場所は、4ハウスと10ハウスの始まりを結んだ線。
ホロスコープを作るサイトによっては「MC」と書いてある場合もあるよ。

ここを読んでわかることは、人生の主導権をどう取りたいかの傾向。

  • 左側に惑星が多い場合「自分で主導権を握っていきたい」
  • 右側に惑星が多い場合「他者との関係性のなかでバランスをとりたい」
この場合、左側4つ、右側6つなので、主導権は他者とのバランスの中で臨機応変に変わっていきそう。

2.惑星がどんな区分に属しているかを見るよ。

エレメント(4元素):火・地(土)・風・水

エレメントは「火2・土4・風1・水3」となっている

この例の画像の左一列にご注目。
上から火・土・風・水という4つに分類されているよね。
これらを「エレメント」といいます。
とても重要な内容なんだけど、今回はざっくりいこう。

“何に意識を向けやすいか”をみます。
一番多いエレメントの影響を強くうけるんだけど、
もし一つもないエレメントがある場合、逆にその「無さ」を補填しようと
無いはずのエレメントの性質が全面に出てくるパターンもあるらしい。

とりあえず今回は単純に数の多い少ないだけ見てみよう。

  • が多い……情熱。自分自身を外に向けて打ち出していきたい
  • が多い……現実。周囲の現実を見て、それに対して自分がどうするかを重視
  • が多い……情報。相手の発信した情報に注目し、客観的に考える
  • が多い……感情。相手の感情を自分に取り込み、同化しようとする

この画像の場合、「火2・土4・風1・水3」なので現実を重視する傾向があると読めるね。

クオリティ(3区分):活動宮・不動宮・柔軟宮

クオリティは「活動5・不動2・柔軟3」となっている

この例の画像の「活動・不動・柔軟」に注目。
クオリティとは、行動の仕方のこと。

  • 活動宮……とにかくまず自分が動く。でも持続力は少ない。
  • 不動宮……始めるまでは時間がかかるけれど、一度始めたらしぶとく続けられる
  • 柔軟宮……確固たる方針はないけれど、周りに柔軟に合わせられる

この画像の場合、「活動5・不動2・柔軟3」となっているので、
何事もすばやく行動に移すのが早いタイプ。

男女(2区分):男性星座・女性星座

そのほかに、星座(サイン)には男性星座・女性星座という2区分もある。
男性星座(火と風の星座)は外に目を向け、女性星座(土と水の星座)は自分の内側に目を向ける。
いわゆる外向・内向の違い。画像例は土が多かったので女性星座が多いとなり、内向的である。

全体から詳細へ

上記のようにホロスコープを俯瞰してみると、どんな傾向があるのかイメージしやすい。
例えばこの画像例でいうと、

  • 人生の中で、公的な自分を打ち出すことに力点を置いている
  • 主導権は、他者とのバランスの中で臨機応変に変わることを良しとする
  • 意識の向き方は内向的で、現実を重視する傾向がある
  • 行動に移すのが早い

まとめると、

このホロスコープの持ち主は人生の中で公的な場面での自分を重視している。主導権は自分が持つこともあれば人に任せることもある。内向的であるが現実をしっかりと見ていき、すぐに行動に移すことが得意である。

全体をざっくりとらえてみると、おおよその感じがつかめるのではないかなと。
もちろん詳細にみていくと違ってくる可能性もあるけれど、俯瞰してみる目は持ち続けていたいね。

全体像をつかんだら、引き続き、個別の内容を見ていこう。
まずは素の自分をあらわすアセンダントから。
出生時間が不明な人は、太陽と月に進もう。

  1. ASC(アセンダント)
  2. MC(ミディウム・コエリ)
  3. 太陽

自分のホロスコープを出してみよう

出生ホロスコープを出してみよう

用意するもの

  • 自分の生年月日
  • 生まれた時間
  • 出生地

母子手帳などに記載されている正確な時間の方がよいです。
わからない人は、太陽星座と月星座に関してはなんとなくわかるからそこだけでもやってみて! 

ホロスコープ算出サイト

無料でホロスコープが作れるサイトがあるよ。一部をご紹介。


Astrodienst

https://www.astro.com/cgi/genchart.cgi?lang=j
→出生データの入力で必要な項目を入力

メニュー部分の「Free Horoscopes」をクリックする
「Extended Chart Selection」をクリックする
おそらくデータ入力部分があるので、そこにわかる範囲の情報を入力する。
記録しておきたい人は、会員登録(無料)しておくと便利
チャートタイプが「ネイタルチャート」になっていることを確認して、
ボタンをクリックすると出生チャートが出せます

Astroseek」(英語)

https://horoscopes.astro-seek.com/birth-chart-horoscope-online
→Birth Chart, Astrology Online Calculator に必要事項を入力

トップページの下の方に入力欄があるのでそこに自分のデータを入力して、ボタンをクリックする

リアル西洋占星術

https://horofor.com/#single
→ネイタルを作成する に必要事項を入力

オーブ設定はそのままにして、必要データを入力後、作成するボタンを押す

astro-charts」(英語)

https://astro-charts.com/
かわいいデザインがよければこちらのサイトがおすすめ。

入力後、ボタンをクリック

さくっとホロスコープ作成

http://nut.sakura.ne.jp/wheel/horo.html
ほんとうにさくっと作れる。

「レポート」タブを選択し、必要事項を入力後ボタンをクリック。色は好みで「カラー」もおすすめ。

他にもたくさん無料でホロスコープが作成できるサイトがあります!
結構簡単に作れるのが分かっていただけただろうか???
ホロスコープ作成できたら、どんな情報が詰まっているのかも知りたい?!
さっそく見ていきましょー!


自力と他力でホロスコープを読む

ホロスコープを読むその前に

自分自身で読めたらいいけれど、お勉強も必要になる。
世の中には便利なツールがあるので、それを頼ってもいいじゃないの? 
人それぞれの読むスタイルでどうぞ。

1.とりあえず簡易的に読めればいいや~の人

「Astrodienst」のAstroClickポートレートでそれぞれの項目を読むのが手っ取り早い! 
便利なサービスは使うに限る(※ただし、断片的)

この円形の中のマーク(惑星、星座)や
つながっている赤や青の線をクリックすると、それぞれの解説文が読める。
個別の要素を読むのはこれでもいい。
※ただし、バラバラの情報でもあるので、矛盾点なども出てくるのはご了承って感じです

あとは、自分でホロスコープを作成して、該当する部分の解説をインターネット上で探すか。
いろんなサイトが解説文を載せているので、参考になる。
※玉石混交なところはご了承って感じです

2.プロの占星術師に見てもらいたいな~の人

  • 西洋占星術を名乗っている人をSNSなどで探す
  • ココナラなどのスキル出品サービスで探す
  • 占いの館などで占ってもらう
    (※お金かかるのと、占星術師との相性もある)

3.自力で読んでみたい人

お勉強あるのみ!
あとは、ざっくりでよければ、当ブログでも書いてるので参考にしてもらえたらうれしいなぁ。


ホロスコープ事始め

ホロスコープってなに?

その人自身の青写真。

生まれたときのホロスコープはその人の人生の方向性を示す。

「きみの性格的な傾向や、人生における傾向はこんな感じみたい」そういったあくまでも傾向を読み取る情報が詰まっている円形の地図。

私自身のエッセンスがつまった種。

人生の青写真のようなものがホロスコープなので、「あなたにはこういう具体的な運命が待ち受けています!」「あなたは絶対にこういう人生を歩むしかありません!」みたいな断定はできない。絶対的な存在ではなく、あくまでも「こんな感じなんだよ、参考にしてね!」なのである。

ホロスコープにはいろんな情報がつまっている。

主に使うのは、太陽系の10個の惑星(準惑星も含む)。

太陽、月、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星の10個。

これらの惑星がどんな性格を帯び、どんな配置やつながりを持っているかを読み解いていくのがホロスコープ。


ホロスコープとの付き合い方

人生において、進むべき道がわからなくなったり悩んだりしたとき。もしくは自分っていう存在はどんな人間なんだろう?とふと疑問に思い自己分析してみたくなったとき。ほかにも真剣な悩みの相談役として、人は占いを選択肢の一つに入れるのかもしれない。人生の羅針盤として進むべき方向を指し示してくれたらいいなぁと思ったり。そんなノリで手を伸ばす。それが占いのような気がする。
かく言う私も、今後の働き方に悩んだのがきっかけで占ってもらったし、自分でも勉強を始めた。本に次ぐ相談相手みたいな存在かなー。

ただ、相談はするけれど、依存してはいけない。

相談した結果、答えを決めるのは自分自身、そういう付き合い方なのではないかと。

私にとって身近に知っている占いといったら12星座占いだったので、そのくらいの知識で西洋占星術に手を出して、結果、占星術の沼に片足を突っ込むことになったんだけども。

そもそも占いにはたくさんの種類がある。
生年月日などのその人のもつ情報から占う「命式」、西洋占星術や四柱推命などがこれにあたる。タロットカードやおみくじなどの偶然の事象から読み解いて占う「卜占」。どちらも簡単にできそうで、一筋縄にはいかない。勉強のし甲斐があるといえる。

奥が深いんですわ。「占星術」というくらいだから「術」なんですよね。
占いって響きにしちゃうとなんとも軽い感じになるけれど、一通りの知識を頭に入れたとしても、それが実際使えるかどうかはまた別の話でしてな。なので、人様のホロスコープを見るには実践あるのみ。どんな知識もそうやって蓄積していくもんね。

ホロスコープの読み方を知っておくのはね、面白い。なんでかっていうと、まず単に知識の引き出しが増える。あとはイメージを語彙に落とし込むスキルに通じる。なにかのタイミングを計るときにも、参考にできるかもしれない。

自分自身が迷子になったときの指針にしようと思えばそれも可能だ。

ただし、結果を自分へのレッテルにしてしまうと、がんじがらめになる可能性もあるので注意が必要なんじゃないかな、とも思ったりする。

「ふーん、そういう傾向があるんだね~」くらいがちょうどいい距離感ではないかと。

そしてついた知識は、人に説明すると理解が進んだりする。なので、勉強中の身ではありつつも、西洋占星術を学んで分かったことを、ふり返りかねて結果をまとめておこうと思い、キーボードを叩いている次第。もうすでに占星術に詳しい人にしてみたら稚拙な内容かもしれないし、未来の自分が読み返したとき「あっ、この時の私、こういう理解してたのか!」のふり返りにもできるかなと。