いろいろあるぞ!○○リターン(○○回帰)

西洋占星術を勉強していると、この「◯◯リターン」って言葉がよく出てくるので覚えておこう!

月に一度のルナリターン、年に一度のソーラーリターン、2年に一度のマーズリターン、12年に一度のジュピターリターンなどなど。回帰図といって、自分のネイタルと同じ場所にトランジットの天体が戻ってきたときのチャートを見ることによって、次の回帰までの流れを読んだりするよ。

ちなみに、土星は29.5年をかけてホロスコープを一周し、ネイタルと同じ場所に帰ってくる。帰ってくるタイミングと同時期の29~30歳頃には、人生において大きな環境の変化や心境の変化を伴うイベントが発生しやすいと言われているので、サターンリターンはなかなかハードなイメージがついているのかもしれない。変化には痛みが付き物だったりするしね。

私のサターンリターン(土星回帰)を振り返る

私の場合、29歳~30歳の時に何があったか振り返ってみると、まず「結婚」だろうなぁ。まさに人生の転機。28歳で転職もしていたし、この頃はいろいろと変化が伴っていたのは事実。

っていっても、婚姻届出したのはまだ29歳にはなってなくて実年齢的には28歳だったな。つまり私にとっては28歳がサターンリターンの影響受けていたということかも? トランジット見てみよう。

トランジットを見てみたら……

はい~、数え年29歳、婚姻届け提出日ががっつりN土星とT土星が合でした。ドンピシャで笑ったわ。
提出日の前月あたりからT土星がN土星の周りをうろちょろし始め(逆行していた)、提出日はオーブ1度以内の合。挙式は翌年30歳の時してました。

まぁ、転機といえるでしょう。

私の場合、T天王星もN土星にオポジションだったので、余計に社会における自分のルールが変わらざるを得ない状態になったのかもしれないなと読めましたわ。このころはトランジットとかそれこそ西洋占星術なんて詳しく知らないし興味もなかったけど、今振り返ってみるとあながち間違ってもいない理論なのかなぁと思った。びっくり。

だけどさ、そもそも28歳〜30歳くらいって、いろいろと変化するよね。日本のスタンダードなルートをたどれば、働き始めてしばらく経っているし、そうなると親元離れたり、自分の家庭持つことだったり、仕事も変えたりのタイミングでしょう。不要に恐れる必要もない。試練だなんだというから怖くなるんだよね。

でも、確かに試練の始まりと言ったら差し支えないかもしれないとも思っていて(どっちだよ)、結婚に関して言えば、単に幸せハッピー楽しい楽しいだけじゃないよね。だってそれまで違う環境で過ごした他人と一緒に暮らすわけだから。お金・家族・子供はどうするか・それぞれの実家との関係・仕事などなど挙げたらお互いの価値観がぶち壊されることがたくさんあるわけだよ。だから土星回帰ってルール変更の痛みという意味では確かに試練でもある。

学生時代と異なることばかり対応していかないといけないから、そういう点でも土星回帰の時期はより人生についての悩みが深かったりする分、恐ろしさを言うんでないかねぇ。

ちなみに7の倍数でいうと

東洋医学的には、女性は7歳ずつ変化していくともいわれていて、7の倍数でいうと28歳がちょうど土星回帰あたりじゃないですか。きっと体調的にも、そういう心理的にも社会的な身の置き方に関しても、変わることが多い時期なんだろうね。先人の知恵ってやつですね。

次なる土星回帰は58~60歳頃なわけだけど、いったいどんな試練が待ち受けているのやら。おそらく精神的というよりは肉体的な試練のような気がする。女性は更年期だし、ちょうど年齢期的には土星期だもんね。より土星を意識した生き方にシフトするための試練なのかもしれない。

Author

ミノル
★西洋占星術:ネイタル太陽♊、月♐、ASC♏
★四柱推命:日干「壬」・月柱主星「偏財」
★算命学:中心「禄存星」
★クリフトンストレングス:慎重さ・内省・共感性・分析思考・運命思考

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA