出生ホロスコープを読んでみよう(全体像をとらえる)

ネイタルチャートの読み方

生年月日・生まれた時間・出生地によって出すホロスコープのことを
「出生ホロスコープ/ネイタルチャート/バースチャート」などと呼ぶ。
(ホロスコープの作り方はこちらの記事「ホロスコープを出してみよう」参照のこと)

ネイタルチャートからは、その人の持つ基本的な性格や傾向が読み取れる。
この現世におけるその人の仕様書みたいな感じ。
仕様通りになるかはまた別の話。

基本的には、10個の惑星がどんな風に配置されているかを読み解く
星座中心ではなくあくまでも主役は10個の惑星なのだ。
その惑星たちがどんな性質を帯びているかだったり、
惑星同士のつながりがどうなっているかなどを見て、
その人のもつ物語を読み解いていくという感じ。

ひとつひとつを読み解きながら、全体像をとらえ、
想像力と統合力をもって表現していくのが難しいところであり、
占い師の力量にもなりそうだなぁと感じている。

さて。

たくさん拾っていく情報があるけれど、大枠をとらえるために、
次の4点をチェックするのが王道。

  1. ASC(アセンダント)
  2. MC(ミディウム・コエリ)
  3. 太陽

この4点それぞれのサイン、ハウス、アスペクトを読んでいくよ。
ただし、アセンダントとMCに関しては生まれた時間がわからないと出せないので、
その場合は太陽・月をみましょう。

ちなみに

◆天体とは惑星のこと。説明はこちら
◆サインとは星座のこと。説明はこちら
◆ハウスとはお部屋の番号のこと。説明はこちら
◆アスペクトとは惑星と惑星の間にできる角度のこと。説明はこちら


まずは全体像をとらえる

ホロスコープを出したら、まずは全体像をとらえるところから。
惑星がどんな分布になっているかを見ることで、
そのチャートがどんな傾向をもっているかがざっくりとわかるよ。

1.惑星のばらけ方を見る

ホロスコープを上下にわけたとき、上側と下側どちらに多く惑星があるかをみる。
それによって、人生の中で自分の意識の向き方が何を重視しているかを読み解く。
ただ、この分布も出生時間がわからないことには出せないのでスルーしてください。

  • 上側に惑星が多い場合「他者のいる社会に打ち出す自分が中心」
  • 下側に惑星が多い場合「自分のプライベートな領域が中心」
このホロスコープの場合、上側に6つ、下側に4つなので公的な自分に力点を置いている。

次に左右どちらに多く惑星があるかを見る。
左右を分ける縦線の場所は、4ハウスと10ハウスの始まりを結んだ線。
ホロスコープを作るサイトによっては「MC」と書いてある場合もあるよ。

ここを読んでわかることは、人生の主導権をどう取りたいかの傾向。

  • 左側に惑星が多い場合「自分で主導権を握っていきたい」
  • 右側に惑星が多い場合「他者との関係性のなかでバランスをとりたい」
この場合、左側4つ、右側6つなので、主導権は他者とのバランスの中で臨機応変に変わっていきそう。

2.惑星がどんな区分に属しているかを見るよ。

エレメント(4元素):火・地(土)・風・水

エレメントは「火2・土4・風1・水3」となっている

この例の画像の左一列にご注目。
上から火・土・風・水という4つに分類されているよね。
これらを「エレメント」といいます。
とても重要な内容なんだけど、今回はざっくりいこう。

“何に意識を向けやすいか”をみます。
一番多いエレメントの影響を強くうけるんだけど、
もし一つもないエレメントがある場合、逆にその「無さ」を補填しようと
無いはずのエレメントの性質が全面に出てくるパターンもあるらしい。

とりあえず今回は単純に数の多い少ないだけ見てみよう。

  • が多い……情熱。自分自身を外に向けて打ち出していきたい
  • が多い……現実。周囲の現実を見て、それに対して自分がどうするかを重視
  • が多い……情報。相手の発信した情報に注目し、客観的に考える
  • が多い……感情。相手の感情を自分に取り込み、同化しようとする

この画像の場合、「火2・土4・風1・水3」なので現実を重視する傾向があると読めるね。

クオリティ(3区分):活動宮・不動宮・柔軟宮

クオリティは「活動5・不動2・柔軟3」となっている

この例の画像の「活動・不動・柔軟」に注目。
クオリティとは、行動の仕方のこと。

  • 活動宮……とにかくまず自分が動く。でも持続力は少ない。
  • 不動宮……始めるまでは時間がかかるけれど、一度始めたらしぶとく続けられる
  • 柔軟宮……確固たる方針はないけれど、周りに柔軟に合わせられる

この画像の場合、「活動5・不動2・柔軟3」となっているので、
何事もすばやく行動に移すのが早いタイプ。

男女(2区分):男性星座・女性星座

そのほかに、星座(サイン)には男性星座・女性星座という2区分もある。
男性星座(火と風の星座)は外に目を向け、女性星座(土と水の星座)は自分の内側に目を向ける。
いわゆる外向・内向の違い。画像例は土が多かったので女性星座が多いとなり、内向的である。

全体から詳細へ

上記のようにホロスコープを俯瞰してみると、どんな傾向があるのかイメージしやすい。
例えばこの画像例でいうと、

  • 人生の中で、公的な自分を打ち出すことに力点を置いている
  • 主導権は、他者とのバランスの中で臨機応変に変わることを良しとする
  • 意識の向き方は内向的で、現実を重視する傾向がある
  • 行動に移すのが早い

まとめると、

このホロスコープの持ち主は人生の中で公的な場面での自分を重視している。主導権は自分が持つこともあれば人に任せることもある。内向的であるが現実をしっかりと見ていき、すぐに行動に移すことが得意である。

全体をざっくりとらえてみると、おおよその感じがつかめるのではないかなと。
もちろん詳細にみていくと違ってくる可能性もあるけれど、俯瞰してみる目は持ち続けていたいね。

全体像をつかんだら、引き続き、個別の内容を見ていこう。
まずは素の自分をあらわすアセンダントから。
出生時間が不明な人は、太陽と月に進もう。

  1. ASC(アセンダント)
  2. MC(ミディウム・コエリ)
  3. 太陽

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA