なくしものを探すだけにあらず?「ホラリー占星術」をお勉強しよう

ホラリー占星術
始める前のイメージ

なんとなくなくしたものを見つけるための占星術なのかなと思っていた。
Twitterなどで猫が家から脱走してしまったなどを見かけるたびに「早くおうちに戻れたらいいな」と思うと同時に、自分もアクシデントで一度脱走させてしまった経験があるだけに(そのときはすぐに見つかりましたが)、飼い主さんの心中を推し量るとしんどいだろうなと容易に想像がつく。
ならば探し物ができる占星術を知ったら何かの時役に立つのでは?!と。

あとは、惑星の品位などで伝統占星術の知識があるといいのかなと思って辿っていくとどうもホラリー占星術に行き着くというか、この知識が今必要なんだろうなと感じたのですよ。

ミカミ・ポーラ先生も言及していたし、Twitterなどでもよくお見掛けしていたいけだ笑み先生の著書が手元にきたので、取り組んでみよう。

いけだ笑み著『ホラリー占星術』説話社
こちらを読みながらホラリー占星術に取り組んでみよう。

まずはどんな人が書いた本なのか。

著者のいけだ笑み先生プロフィール

”1968年7月11日大阪生まれ。宇宙のからくりと人間存在の謎について、物心ついた頃から考え続け、古代占星術と錬金術思想にたどりつく。1998年松村潔氏に師事。1999年頃から占星術のプロとしての活動を開始”

いけだ笑み著『ホラリー占星術』説話社 著者プロフィールより

松村先生のお弟子さんなんだね。1999年からプロ活動始めているということは、2021年現在でキャリア22年。しゅごいね。そして古代占星術がベースにあるということだね。
Twitter:@emi0711

発行年2009年。では本を読み進めてみよう。

本の構成

本の構成は、解説編と実践編という2つに大きく分けられている
解説編では、ホラリー占星術とはどのような占術なのか、どのようにして読んでいくのかのルールが解説されている。
続く実践編は、解説編を参考にいけだ先生主催の講座や研究会で実際に出てきた質問などを読んでいく。リーディングしたあとの「現実にどうなったか」の答え合わせもあり、現実がどのようにチャートに出ていたのか知ることができて面白い。

解説編はStep1~7に分けられる。

このStep1~7の大まかな流れの説明のあと、具体的な内容の説明が続く。

冒頭にある「ホラリー占星術とは何か」を共有しておこう。

「ホラリー占星術」とは、質問ごとに立てられたチャートを解読する占星術です。質問が成立した瞬間の日時と場所でチャートを作成し、その質問に関する答えを求めます。単純に「イエス/ノー」を導き出すこともできますし、細やかなディテールや質問にまつわる周辺事情なども一つのチャートから読み解くことができます。

いけだ笑み著『ホラリー占星術』説話社 p10 ホラリー占星術とは より

つまり、探し物だけではないということなんだね。

じゃぁ、どんな質問ならいいのかってところなんだけど、Step1にチャートを立てる際の注意などが明記されていて、ホラリーに適する質問を見る限りでは、「どれ・どんな・どのように・なぜ」や相性などの項目で立てる質問には適していなくて、イエス/ノークエスチョンが基本なのかなと理解したんだけどどうなんだろうか。相性や転職、最適な日取りなどはほかのチャートを立てる方が向いているらしい。チャートの種類などのコラムがあるのでそちらがとても参考になる。というかこの本の醍醐味はもしかしたら「コラム」にある可能性もあるぞ。コラム面白いしめっちゃタメになるので必読。

さて。

次はStep1をまとめてよう。今日はここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA