なくしものを探すだけにあらず?「ホラリー占星術」をお勉強しよう<7>

アスペクトを読むことにより実際の物事の「動き」を見てきたわけだけど、次はより具体的なリーディングのための細かな見方などを使って、条件を絞り込んでいくよ。絞り込むことによって、チャートが示してくれる具体性を探るんだって。

Step7 絞り込む

1・12サイン

主体となる天体がどのような状況でその場所にあるかを知るためにはサインへの深い理解が必要だよ。その理解から詳細な絞り込みができるという。

本書では、各サインの性別、クオリティ、エレメント、支配星をはじめ、そのサインが示す身体部位、色、様子などがまとめられているよ。さらに、サインその他の区分による性質の違いの一覧表もあり、各サインの共通点や相違点なども勉強になる内容に。

2・時期

ホラリー占星術における時期の予言はかなり具体的にできるということで、例えば天体同士のアスペクトが完成するまでに必要となる度数をそのまま時間に置き換える概念が存在するらしい。いけだ先生曰く、具体的に○日後とかではなく、その度数の数だけは変えずに、「○時間、○日、○週間、○月、○年後かもしれないですね」と単位にはこだわらない伝え方をするらしい。そうすることにより、質問者は心構えができるからとのこと。

そして、惑星同士の距離感を考慮する際、度数上での単位と、天文歴上で実際にアスペクトが完成するまでに必要となる度数両面からアプローチすることになるそうだ。

3・ハウスが示す場所

ハウスが示す場所の具体例がまとめられている。例えば1ハウスなら「本人がいる場所、身につけている、自室」など。かなり具体的な場所を示しているので、無くしたものが出てきそうな予感すら覚える。

4・元素と高さ

エレメントにはそれぞれ場所を特定するキーワードがあるそう。

  • 風の元素:頭上、高所、屋外、風通しの良い場所 など
  • 火の元素:目線程度、火器周辺、日光が照り付ける場所 など
  • 土の元素:地面の高さ、足元、ほこりっぽい など
  • 水の元素:地面より低い高さ、水場周辺、湿った場所 など

参考にウィリアム・リリーによる失せものを示す場所リスト。一番多いものが示す場所が有力な場所とのこと。

検証箇所元素
ASC
ASCルーラー
4ハウスカスプ
4ハウスルーラー
2ハウスカスプ
2ハウスルーラー
POF(パートオブフォーチュン)

5・方位

ハウスとサインにはそれぞれ方位があてはめられているとのこと。アングル(1ハウス東、7ハウス西、4ハウス北、10ハウス南)。1-10ハウスの間は東南東と南南東という具合に分ける。

サインの方位はちょっと不明。東西南北のラインに活動宮を置いていて、なおかつエレメントもふりわけているんだけど、北を表す活動宮が山羊座になっているのにエレメントは水、逆に南を表す活動宮は蟹座になっているのにエレメントは土。そういうものなのか、山羊と蟹が逆になればいいのか。何が正解なのかわからない。つまり保留。

6・色

ハウス、サイン、そしてオーラソーマボトルを参考にした配色の3重円の紹介が掲載されている。自分のイメージしているサインの色とちょっと違っていたりして面白い。

7・アラビックパート

ホラリーでは宝のありかを示す「パートオブフォーチュン」を参照したりすることも。算出の仕方および、他のパートの紹介もある。

コラムも

そして最後に「失せもの探し」についての詳細がコラムとしてまとめられている。このコラム読みながら探し物をしてもいいかもしれない。かなり具体的な見る場所を示してくれている。

ただ、それ読んでも、なかなか初心者には難しかったりするのが現実なんだよねぇ……(;^_^A

『ホラリー占星術』解説編まとめ

一通り解説編を読みながら進んできた。おわかりいただけただろうか?

え、私? あんまりわかっていなようなわかったような、そういう感じですよ。そりゃ一度読んだくらいじゃわからんとです。こういうのは実践を通して身についていくとです。しかも本書をちゃんと読めばまだわかる可能性もあるにせよ、この駄文ブログだけじゃ理解に及ばないであろう……。

ということで、ひとまず解説編の終わりまでたどり着いたので、もし今後ホラリーチャートをたてて何かやってみたいことができたら、そのときは私にとっての「実践編」としてまた書いてみたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA